アブルッツォからのラブコール〜 Fara F.P.より福島へ 〜


福島県須賀川市の『松明あかし』とアブルッツォ州ファーラ・フィリオールム・ペトリの『Festa delle Farchie』(聖アントニオ祭)。

遠く離れた二つの町で、あまりにも良く似た祭りが行われているのです。
偶然が重なって発覚したこのご縁、何か楽しい交流に発展するといいですね。

(左:聖アントニオ祭、右:松明あかし)

2015年1月15日 Fara Filiorum Petri

松明作りを見物していると知らないオジさんに声をかけられる。

「日本人か?こっち来い!お前んとこでも俺たちとおんなじ祭りをやってるの、知ってるか?」

と言ってスマホで『松明あかし』の動画を見せられる。

「お前は国に帰ったら、これを見に行ってくれ。ここの人たちと友達になりたい。」

すごい無茶ぶり :O このおっさん、日本の人口知ってるんだろうか・・・

2015年7月 Fara Filiorum Petri

須賀川市役所がたくさん下さった『松明あかし』の案内を興味津々で見る人々。

「私達は葦を束ねるけど、ここでは枠を作って中身を詰めて巻くのね!」「本当にそっくりだよ、信じられない!!」

2015年11月14日 須賀川市『松明あかし』会場

アブルッツォ州の写真愛好家達提供『Festa delle Farchie』の写真の一部を須賀川市役所の方々が総合案内所に展示。ありがとうございます!

日本三大火祭の中でも最大観客数を誇る『松明あかし』、アブルッツォからの客人が取材に来ていたTV局の目に止まってインタビューを受ける。「イタリアにも同じ祭りがあるので見に来ました」とちゃっかりFesta delle Farchieを便乗宣伝 ^^;

2015年11月18日 めざましテレビ

『松明あかし』特集番組中、「日本とイタリアの似た祭」として”一瞬”登場

恐るべしTV効果で関心も少し高まり、差し当りFara-Sukagawa交流ページ開設。

https://www.facebook.com/groups/488823164620837/

2015年12月10日 須賀川市

須賀川市で『松明あかし』に関わる人達から市内を案内いただき、祭の歴史や進行について教わる。
震災後に情報発信のために急遽設立された『すかジオ』にて二つの祭りを徹底比較

「こんな祭はうちだけだと思ってたのに何とイタリアにもあった!」「見つけてもらえて嬉しい」「一緒に松明を作ってみたい」と気分上昇 :D

《第1部》https://www.youtube.com/watch?v=RG9OX-iy36w
《第2部》https://www.youtube.com/watch?v=KJm3i6F_YBo

2016年元旦の地元紙に!

2016年1月16日 Fara Filiorum Petri 

小さな町は『松明あかし』への好奇心と”スカガワの友達"との将来への期待でいっぱい。
こっそり用意してくれた日の丸を松明に立てたり、「生中継を一緒に見ようと須賀川ではパブリックビューイングを計画している」と話したら市が手配したストリーミング配信に日本語解説を入れようと突然言い出したり。

 https://www.youtube.com/channel/UCIBfcapPeJya4zaCP6eNVLQ/live
地元の写真家がチョイスしてくれた『松明あかし』の写真展では地元は勿論あちこちから来た観客たちから次々「信じられない」との声が。”そっくり加減がわかるように”それぞれ『Festa delle Farchie』の写真と相対させて並べました。

ガイド付ツアー予約サイトAbruzzolinkのblogにも関連記事を掲載しましたのでどうぞご覧ください。

須賀川市で写真展&トークショー開催!

その名も「イタリアにもあった!松明あかし」です。

『火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会』という任意団体が発足し、活動第一弾として2週間にわたって写真展が開催されます。

地元の「松明あかし」への知識を深め、見た目も由来もよく似たFara Filiorum Petriの「聖アントニオ祭」を知っていただこうと写真やトークショーで紹介する試みです。

須賀川市は新宿から直行のバスもあり東京からも意外と便利、ご都合の合う方は是非お越しください。

開催期間:2016年5月10日 (火) 〜 5月24日(火)

展示場所:須賀川市東公民館1階 ホール

トークショー:2016年5月21日 13:30 〜

《第1部》https://www.youtube.com/watch?v=B8Qj91Mhqis
《第2部》https://www.youtube.com/watch?v=CzCMojk0SGM
《説明動画》https://youtu.be/ERKGusRTiDc

写真展・トークショーの模様を地元の二紙に取り上げていただきました。

2016年5月30日、Fara Filiorum PetriのCamillo D'Onofrio市長から写真展・トークショー開催に対するお礼と喜びの非公式メッセージが届きました。

 

私たちの誇る素晴らしい伝統、火祭りの写真の展示会を開いてくださり光栄です。
そして我が町の住人たちと日本の皆さんが交流を保っていることを嬉しく思っています。
日本の皆さんに心を込めて挨拶を送ります。
カミッロ・ドノフリオ

須賀川市で写真展第二弾!

 

春に発足した任意団体『火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会』により、2016年5月31日より東邦銀行須賀川東支店にて写真や説明資料が展示されました。

できるだけ人が集まる場所に展示してより多くの人に存在を伝えていきたいと口々に語る団体のメンバーたち。

頼もしいです!

2016年8月 Fara Filiorum Petri

 

Palafara (シティホール)にて二つの火祭写真展を開催

(写真右)

 

日本の味覚体験イベント

1) Porchettalo (豚の丸焼きスタンド)にて焼き鳥の夕べ開催

2) バールにて巻き寿司昼食会開催

(写真下)

 

須賀川での取り組み

 

『火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会』では引き続き須賀川信用金庫の支店を回って写真展継続中。

2016年9月現在第5弾開催中です。

合わせて『聖アントニオ祭』や『松明あかし』への知識を深め、参加者全員がそれぞれ今後できることを考えていこうと勉強会・懇親会も定期的に開催しています。

2016年11月12日 須賀川市 松明あかしにFaraより2名が来日!

 

そして松明あかしの生中継を見るためFara F.P.ではキエーティに本拠を置く日本との交流協会Giappone in Abruzzoの協力によりパブリックビューイングを開催しました。

(興味深く”遠い国の同じ火祭”を見つめる住民たちと日本語解説を訳して説明する設立メンバーで昨年の松明あかしに須賀川を訪れたクラウディオ・カニーリア氏)

https://www.youtube.com/watch?v=CIr8E-yPac0

 

「火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会」のおもてなしで集会場に泊めていただきお互いの料理をご馳走し合いました。

シャワーはご近所のバスルームをお借りして順番に。

朝ごはんは別のお宅で純和朝食を体験。

「こんなに温かい、家族の一員に受け入れられたように感じるおもてなしを受けるなんて」と感動する交流の火付け役トゥセ氏。「こんなにも似た祭りを続けている人々はきっと性格も我々に通じるものがあるのだろうと確信していた。」と感無量の様子でした。


 

翌日は東京からアブルッツォ料理レストランTrattoria Dai Paesaniが1日出張開店!

オーナーシェフ・サバティーノ氏、シェフ・ファビアーノ氏を筆頭に4名全員で須賀川入り、アブルッツォの祭りの主役アッロスティッチーニやサルシッチャをたっぷり持ち込んで味覚でアブルッツォをアピールしました。

来日した料理自慢のトゥセ氏もこれに便乗、今度は料理でコラボだと須賀川産野菜を使ってアブルッツォの家庭料理サニェッテを披露。

素材が命とも言えるアブルッツォのシンプルで美味しい家庭料理、山に囲まれた地形と強い風のおかげで甘みが強く味が濃厚だと言われる須賀川野菜はぴったりだったのではないでしょうか。

 

須賀川市立図書館にて写真展開催

今までのふたつのそっくりな火祭りの写真に加え、来日した2名が松明あかしに参加した様子や『火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会』メンバー始め須賀川の人々と交流する様子が展示されました。

 

そして代表団が友情の印にFara F.P.市長から預かってきた市旗や、トゥセ氏お手製の旗も一緒に展示。

図書館の入り口を入ってすぐの絶好なポジションのおかげもあって多くの方々が足を止め観覧下さいました。

2017年1月14日 Fara F.P.に須賀川から代表団7名が到着!

左:代表団の出発式  中央:日本とアブルッツォの交流と代表団来訪  右:小学生から小学生へ折り紙のプレゼント

初めての代表団を迎えたのはアブルッツォでも異例の大雪!
それでも7名は元気いっぱいに松明の準備を見学して回りどこでも大歓迎です。
同じ伝統を大切にする同士、言葉は通じなくともすぐに打ち解けていた様子です。


15日は市長室にて歓迎式がありました。

須賀川市長からの親書と旗が代表団から渡され、Fara F.P.市長からは聖アントニオ祭の写真をあしらった特注の伝統工芸陶器が託されました。

ドノフリオ市長もデ・リティス副市長も法被がお気に召し満面の笑顔!

 

夜は日本から持参した材料で作った豚汁を振る舞う割烹着姿の代表団。

集会所でのおもてなしのお礼に自宅を改造したトゥセ一家の本拠地マドンナ地区には噂を聞きつけた住民たちが押し寄せます。

大好評の日本の味、お代わりする人続出で大きな鍋は二つともあっという間に空っぽに!

そしてマドンナ地区の松明には『火祭りでイタリアと須賀川を結ぶ会』のメンバーたちが1文字ずつ書いた垂れ幕が飾られます。

小学校では

須賀川の子供達から折り紙のプレゼントを受け取り大喜びの子供達。

折り紙に小さく書かれた名前を見て、「なんて書いてあるのか読んで」「かわいい名前!」「男の子?女の子?」と興味津々です。

お礼に聖アントニオ祭の絵を描いてくれました。


2017年11月 Fara F.P.デ・リティス副市長、トゥセ氏 来日

昨年に引き続き2度目の来日となるエンニョ・トゥセ氏を伴い、Fara F.P.副市長フランチェスコ・デ・リティス氏が来日、『火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会』の手配で松明あかしに参加しました。

まずは市長を表敬訪問した二人は新しくなった市庁舎のウルトラマン像や展望台に大はしゃぎ。

カミーロ・ドノフリオ市長からの親書を読み上げた後、特製タペストリーや地元産物を渡し「ぜひうちの火祭りも見に来てください」と橋本市長に強烈アピール。

たくさん松明が立った五老山や牡丹園の紅葉を堪能した後は八幡山衍義に参加し、そのまま八幡山町会の集まりに参加。ここで聖アントニオ祭の紹介もさせていただきます。

いよいよ迎えた当日は年齢制限を解除していただき大松明を担ぎます。2度目のトゥセ氏が得意げにコツを伝授!

翌日曜日は『火祭りで須賀川とイタリアを結ぶ会』メンバー達と会津まで遠征。

月曜日は小学校訪問です。

1月の聖アントニオ祭参加メンバーに折り紙を託しFara F.P.の子供達にプレゼントしてくれた第二小学校を訪れ、聖アントニオ祭の説明をした後子供達の合唱やリコーダー演奏に聞き入り、目の前で器用に折って見せてくれる折り鶴にびっくり。

小児科医でもあるデ・リティス副市長は子供達との触れ合いを楽しみ教室で一緒に給食をいただく珍しい体験をした後、名残惜しげに出発しました。

2018年1月 『火祭りで…会』水野会長夫妻 聖アントニオ祭に参加

1年前と対照的に晴天続きの準備期間。

到着した13日の夜は

一足先にFara F.P.と姉妹都市締結したサルデーニャ・ガドーニの代表団とも時折合流しながら8地区を訪問、歓迎を受けました。

到着した13日の夜はマドンナ地区に挨拶&トゥセ家で歓迎夕食会の後、市長のマンドローネ地区へ。

14日日曜日は須賀川でのおもてなしのお礼がしたい(&美しい場所対決に応戦したい?)デ・リティス副市長の案内で近隣の村巡り。

昼に戻るや否やジャルディーノ、ファーラ・チェントロ、サンニコラなどの地区を回ります。

どこでも飲めや食えやの歓迎で消化不良気味 (笑)

15日は小学生たちの松明見学、須賀川の小学生たちからのビデオメッセージを見せたりインタビューを受けたり大忙し。

午後は橋下市長からの親書を携え市長室を訪問、そしてホストファミリー・エットレの案内で地域の工場や工房巡りとさらに大忙しです。

いよいよ迎えた16日の本番はマドンナ地区の松明に『松明あかし』の旗を掲げ、会長も松明の上に。

嵐のような3日間でしたが須賀川の松明あかしと”火祭りが結ぶ縁”を存分にアピールしてくださいました。